北方領土 択捉島(えとろふとう)

Iturup

択捉島(えとろふとう)
国後島の北東にある国後水道(露: エカチェリーナ海峡 пролив Екатерины)を隔てて位置し、択捉島の北東にある択捉海峡(露: フリーズ海峡 пр. Фриза)を隔てて得撫島(露: ウルップ島 остров Уруп)へと連なっている島。ロシア名はイトゥルップ島Итуруп) 英語表記は Iturup

etorofu

島の名前の由来は、アイヌ語の「エトゥ・オロ・(岬の・ある・所)」から。

地理
面積3166.64km²、長さは約214kmに及ぶ細長い島であり、千島列島なかでは面積最大の島である。国後島の北東にある国後水道(エカチェリーナ海峡 пролив Екатерины)を隔てて位置し、択捉島の北東にある択捉海峡(フリーズ海峡 пр. Фриза)を隔てて得撫島(露: ウルップ島 остров Уруп)へと連なっている。人口6,739人。中心集落は、紗那クリリスクКурильск – 「千島の町」の意、2006年(平成18年)の人口は2,005人)。面積では日本の領土の島のうち本州・北海道本島・九州・四国に次ぐ。したがって「北方領土」の中でも最大の島であり、その面積は全体の63.4パーセントを占める。北海道根室振興局管内に所属する日本最北端の島である。
4tou3

終戦時に日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍により武力占領され、現在はロシア連邦の実効支配下にある。ロシア側行政区においては、国後島や色丹島とは別の行政単位であるサハリン州クリル管区に位置付けされている。日本政府の見解では、上記は国際法違反であるとし、不法占拠下にあるとしている。

etorofu

北東から南西方向に伸びる細長い島であり、幅は約20-30kmであるの対し、長さは約214kmとなっている。北東端はラッキベツ岬、南西端はベルタルベ岬である。島の北側には散布半島が突き出している。また、中部には単冠湾(ひとかっぷわん、カサトカ湾 Зал. Касатка)、南部には内保湾(ないぼわん)がある。平地は少なく、火山が多い。火口湖の得茂別湖(うるもんべつこ)も島の南部に位置している。

主な活火山は次のとおりである。

散布山(ちりっぷやま)露: ボクダン・フメリニツキー火山、Влк.Богдан Хмельницкий 英: Chirip 1,585m 1843年に噴火したが、1860年は不明。択捉島の最高峰。1

神威岳(かむいだけ)英: Demon 1,322m2

茂世路岳(もよろだけ)1,124m、露: クドリャブイ火山 Влк.Кудрявый 英: Medvezhia 先史時代から噴火していた可能性があり、1778年、1883年、1946年、1958年、1999年に噴火が確認されている。3

指臼岳(さしうすだけ)英: Baransky 1,125m 1460年と1570年の噴火は30年ほど、1951年に噴火。4

小田萌山(おだもいやま)露:Влк.Грозный 英: Grozny 1,208m 1968年、1970年、1973年に2回、1989年に噴火。5

焼山(やけやま)1,158m 名称や噴火の歴史は上に同じ。6

阿登佐岳(あとさだけ)露:Влк.Атсонупури 英: Atsonupuri 1,206m 1812年、1932年に噴火。7

単冠山(ひとかっぷさん)露:Влк.Богатырь 英: Bogatyr 1,566m8

ベルタルベ山(ベルタルベざん)英:Влк.Berutarube 1,221m 1812年に噴火があったかどうか、はっきりしていない。9

終戦までの歴史
アイヌが先住しており、17世紀後半にはメナシクルの勢力がのびた。

1635年(寛永12年)、松前藩は藩士に命じ国後・択捉などを含む蝦夷地の地図を作成。
※画像の地図は、1762年(宝暦12年) 松前志摩守宛
chizu800

1643年(寛永20年)、オランダのフリースは、ウルップ島に上陸し、十字架を立て「コンパニースラント」(東インド会社の土地)と命名して、領土宣言をした。エトロフ島には「スターテンライト」(オランダ国の島)と名付け、クナシリ島に上陸した。
higashiind

1644年(正保元年)、『正保御国絵図』にエトロホと記された島があり、択捉島が日本地図に記載された最初とされている。
正保国絵図

1715年(正徳5年)、松前藩主は幕府に「北海道本島、樺太千島列島勘察加は自藩領」と報告。1754年(宝暦4年)松前藩によって家臣の知行地として開かれた国後場所に属する。国後場所の領域には択捉島や得撫島も含まれていた。

1798年(寛政10年)、同島を影響下に置く意図をもつロシアに対抗するため、近藤重蔵がアイヌのエカシ(首長)の了承のもと、大日本恵土呂府の木柱を立て日本領を主張した。その翌年には蝦夷地を幕府の直轄地(天領)にし、高田屋嘉兵衛に航路を運営させる。

1800年(寛政12年)には国後場所から新たに択捉場所が分立し、「エトロフ会所」を振別に開設したほか、ほとんどがアイヌである当時の同島住民1,118人の人別帳を作成した。さらに高田屋は老門に番屋を建て、漁場10か所を開き和人による漁業・越年を始めるなど、各村の礎が築かれていった。

1807年(文化4年)4月、紗那と内保(留別村)の集落が、ロシア海軍大尉のフヴォストフХвостов)率いる露米会社武装集団によって襲撃されるというシャナ事件が発生。紗那は、弘前藩盛岡藩が警固を行っていたが、火力の差に圧されて奥地へ退避している。なお、会所に赴任中だった間宮林蔵も参戦し、徹底抗戦を主張している。この時、日本側に動員されたアイヌもいる中で、日本側を攻撃してきたアイヌもいた。その後も、盛岡藩など東北諸藩が警備にあたった。
Rezanov_and_his_ship

1855年(安政2年)、日露和親条約が締結される。この時日本はアイヌを日本国民としたうえで、アイヌの生活圏が日本領であると主張し、同島の領有をロシアに認めさせた。開国後は、同島は仙台藩の領地となり、仙台藩兵が駐留し警固した。
nitiro

1923年(大正12年) 、北海道二級町村制が施行される。択捉郡留別村紗那郡紗那村蘂取郡蘂取村の3郡3村が設置され、紗那村の中心地である紗那が同島の中心地となって、警察署、小学校、郵便局などの官公署が置かれた(現在も日本の制度上は、この3郡3村は存続している)。周辺は、親潮(千島海流)と黒潮(日本海流)とがぶつかる海域であって、水産資源が豊かである優良な漁場であったので、漁業が主たる産業となり、入植者が増加した。
1923-

1940年(昭和15年)、単冠湾海軍が飛行場を整備し始める。1941年(昭和16年)11月20日、海軍により突如、あらゆる船の島への入出港が禁じられ、また島唯一の紗那郵便局は通信業務を停止させられて電信機には常時、水兵の見張りがついた。そして情報統制下の単冠湾南雲忠一中将率いる航空母艦6隻を含む軍艦30隻の機動部隊が秘密裏に集結、真珠湾攻撃のため11月26日にハワイへ向け出港していった。この島外との徹底した情報の遮断は太平洋戦争が開戦した12月8日まで続けられた。
Akagi_Zero_Hitokappu

1944年(昭和19年)、千島方面防衛のため、陸軍第27軍司令部が新設され、海上機動第4旅団独立混成第43旅団が編成される。1945年(昭和20年)に入ると本土決戦準備のため、海上機動第4旅団含め千島列島から多くの部隊が内地に転用される。終戦時には第89師団が配置されていた。

8月15日当時、留別村2,258人 紗那村1,001人 蕊取村349人の合計3,608人の住人が、択捉島に居住していた。

ソ連による占領・実効支配 1945年日本のポツダム宣言受諾通知後ソ連軍日ソ中立条約を破棄千島列島侵攻を開始、降伏文書調印(1945年9月2日)の前、8月29日にソ連軍が同島に上陸、占領した。
kuril_desant_oper-800

ポツダム宣言第7条に従って日本の諸地点は連合国に占領されたが、択捉島を含む千島列島は、一般命令第1号によって、ソ連占領地となった。1946年1月29日、GHQからSCAPIN-677が命令され、日本は択捉島を含む千島列島の施政権を停止されると、直後の2月2日、ソ連はこれら地域を自国領土に行政編入した。SCAPIN-677は領有権の移転を命じたものではない。
0_bb280_1577240a_XXL

武装解除 択捉島の武装解除は8月29日。この後、日本に帰るのだと言われて出港した船は、日本へ到着する事は無く、一路樺太の大泊港へ向かう事となる。入港した後に行き着いた所は、シベリア ハバロフスク ムリ地区 であった。長期にわたる抑留生活と奴隷的強制労働により多数の人的被害を生じたことは、周知の事実であろう。実際には現在でいうモンゴルや中央アジア、北朝鮮、カフカス地方、バルト三国、ヨーロッパロシア、ウクライナ、ベラルーシなどソ連の勢力圏全域や中華人民共和国にまで送り込まれていた事実もある。まさに人狩りであり、人間の所業ではない。
0_bb27f_ec57615f_XXL

後に、ロシアのエリツィン大統領は1993年10月に訪日した際、厳寒環境下で満足な食事や休養も与えられず、苛烈な労働を強要させられたことにより、多くの抑留者が死亡した。
このソ連の行為は、武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証したポツダム宣言に背くものであり、「非人間的な行為に対して謝罪の意を表する」と表明したが、そんな台詞で許せる問題ではない。 ※画像は水力発電所で労働させられる日本人拘留者移動風景
horyo

ここでシベリアにおける日本人捕虜に関する実話を一つ挟みます。

ハバロフスク事件
日本人が目覚めるときというのはどういうときなのか。目覚めたとき、日本人はどのような態度をとるのか。このことについて、「ハバロフスク事件」を題材に考えてみたいと思います。「ハバロフスク事件」というのは、かつてシベリアに抑留されていた人が、日本人としての誇りに目覚め、立ち上がった事件です。日本人抑留者は、誇り高い旧関東軍の兵士たちです。ひたすらこらえ、我慢し、明日を信じて恭順の姿勢を取り続けたのです。けれど、それがある一線を越えたとき、日本人として立ち上がった。それは、上から強制されてとか、命令だからではなく、全員の「内なる心の力」によっておこりました。切な生命をかけた。その結果・・・
goo.gl/SoaSZA

ソ連軍上陸後は、ソ連軍兵士による強盗・殺人・強姦や略奪行為などが横行した。また、1945年(昭和20年)9月以降しばらくの間は、日本人の本土引き揚げは禁止されていたにもかかわらず、北海道本島に渡航する人が続出した。しかしある時期から、ソ連軍兵士の略奪行為などに対して、死刑執行も含めた厳罰が下されるようになった。日本人とロシア人との混住状態が1年以上続いた。

1946年12月、GHQとソ連との間で日本人全員の引き上げが合意されると、1948年までにほぼ全員の日本人が帰国した。 ソ連占領後の国後島は、日米安保条約のもとにおかれた日本に対峙する共産圏の最前線となり、軍事基地や国境警備隊基地が多く配置された。一方、日本政府はサンフランシスコ講和会議からのソ連離脱以降も返還を主張してきたが、冷戦や朝鮮戦争の勃発などソビエトとの公的な外交チャネルが断絶した状態が続き、ようやく1956年の日ソ平和条約交渉においてこの島を含む北方領土の返還を要求したがソビエトの受け入れるところではなく、1956年日ソ共同宣言による国交回復以降も、日本政府の返還要求をソ連が拒否し続けた。1967年からは墓参りを目的とした少人数の日本人訪問が実現したが、ソ連側がビザを要求するようになり、長期中断を余儀なくされた。

ロシアのエリツィン大統領 日本を訪問 謝罪する

エリツィン大統領 日本兵・日本民間人の「シベリア抑留」について謝罪する終戦後武装解除し投降した日本軍捕虜らを、ソ連が主にシベリアに労働力として移送隔離し、厳寒環境下で満足な食事や休養も与えられず、苛烈な労働を強要させられたことにより、多くの抑留者が死亡した。このソ連の行為は、武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証したポツダム宣言、レーニンに背くものであった。ロシアのエリツィン大統領は1993年10月に訪日した際、「非人間的な行為に対して謝罪の意を表する」と表明した。

Ìîñêâà. Íà ñíèìêå: ïðåäñåäàòåëü Âåðõîâíîãî Ñîâåòà ÐÑÔÑÐ Áîðèñ Åëüöèí âî âðåìÿ âûñòóïëåíèÿ ïî öåíòðàëüíîìó òåëåâèäåíèþ â ïåðåäà÷å "Êòî åñòü êòî". Ôîòî Äìèòðèÿ Ñîêîëîâà /Ôîòîõðîíèêà ÒÀÑÑ/.

日本政府見解としては同島のロシアによる占領は60年以上を経た現在でも継続されている両国関係の正常化を阻害している重大問題であり、大西洋憲章の理念、カイロ・ポツダム宣言の条項、GHQ訓令SCAPIN第677号の解釈、および連合国と日本国の間に締約されたサンフランシスコ条約の解釈などに反し、また平和裏に確認された日露和親条約以来の日本固有の領土であった当地域へのロシアによる領土権の主張は不当であるとしている。

北方領土関連WEB
 内閣府 北方対策本部
 内閣官房 Northern Territories
 北方四島ポータル
 独立行政法人 北方領土問題対策協会
 公益社団法人北方領土復帰期成同盟
 千島歯舞諸島居住者連盟中標津支部青年部
 社団法人千島歯舞諸島居住者連盟
 千島庶民誌研究会

ソ連崩壊後 1991年(平成3年)に、後に成立したロシア連邦実効支配を継承した。1994年(平成6年)秋に発生した北海道東方沖地震後、人口は減少傾向にあった。そのような状態の中、ユダヤ系ロシア人のアレクサンドル・ベルホフスキーが創業した水産加工のギドロストロイ(Гидрострой)社(本社は豊原市(ユジノサハリンスク))が、周辺の豊富な水産資源と北米の冷凍食品市場とを結びつけて、1990年代後半以降瞬く間にめざましい成長を示し、同島の経済基盤は強固なものとなり現在に至る。なお、同社は現在、別飛(レイドヴォ Рейдово)に、米国製の機械を備えた日産400tの加工が可能な大工場をもつほか、蓄積した豊富な資本を元に択捉銀行БАНК ИТУРУП)を設立し、金融業にも乗り出している。しかし、日本政府が領土問題に関連して取引きの規制を行っているので、日本企業は公式に協力しない。
Kurilsk

地下資源もあり、北部の茂世路岳(1124m、クドリャブイ火山 Влк. Кудрявый、英: Medvezhia)は、その火山ガスレアメタルであるレニウムを大量に含有している。このため、ロシア科学アカデミーの科学者たちは、レニウムの世界有数の産出源になり得る火山と見なしている。また、金鉱開発の可能性も指摘されている。
70_big

かつての中心地である紗那は、引き続き同島の中心地である。他の主要集落として、軍民兼用の飛行場がある天寧(ブレヴェスニク Буревестник、2006年(平成18年)の人口は3,105人)などがある。これより島の南部や、別飛より北東部は、自然保護区域として地元のロシア人でさえも立入りが制限されている。留別(クイビシェフ Куйбышев)や蘂取(しべとろ、スラブノエ Слабное)はロシア人集落となったが、現在は両村とも廃村状態である。Google Earthの解析によれば、紗那から蘂取までの道路は、戦前に日本が作ったものが残っており、走行する自動車も認められる。また、蘂取には漁業施設と思われる建物が数軒認められる。画像はコンベンションセンターと思われる。
konbe

ロシア連邦政府の再開発計画 2015年(平成27年)を目標年次とするロシア連邦政府の「クリル諸島社会経済発展計画」の目玉として、工費12億ルーブル(約55億円)の公共投資により、中心都市の紗那付近に全天候型、滑走路1,530mの国際空港が建設されている。この空港から、サハリン島やロシア本土のウラジオストクおよびハバロフスク、そして事情が許せば日本本土からの航路が就航する予定であり、これによって「発展計画」の柱の一つである観光開発に大きな弾みがつくことが期待されている。2012年(平成24年)5月、ギドロストロイ社が主導してクリリスクの近郊キタボエにて総額34億ルーブルを投じる港湾整備工事を着工したが、韓国の建設会社がロシア以外の企業として初めて北方領土の開発に参加することとなった。また、同年11月には観光客誘致策の一環として択捉島中心部にリゾートホテルを建設し、2015年(平成27年)に開業予定であるとの報道もなされている。
2

北方領土と我が国主権のお話
2010年 当時の民主党鳩山内閣は、国民に何も知らせないまま、国会審議を要しない「省令」レベルで、北方領土を勝手に日本の領土から外してしまったのです。
goo.gl/tdlWpXkaese800

ロシアの増長
対日戦勝記念日に日本政府が反発しないと、今後の北方領土交渉で、ロシアが居丈高な態度をとることになる。事態は危機的だ。
2010年夏 無策の民主党 そして現在危機は深刻
goo.gl/D2hUXW4bac3121

択捉島を画像から考える(1
国後島 択捉島で、2016年までに、150の軍事関連施設を建設するとの報道。ロシア国防省 2014年4月 ※空港、港湾施設、含め、計画通り予定完了の模様。
goo.gl/Q98kMFkouwan

択捉島を画像から考える(2
千島の先端(つまり国後島、択捉島)で訓練中であり、我々の南部千島列島に対する所有権に関して、日本に反省する機会を与える。これは表面上の言訳であり、目的は更に別にある。
goo.gl/pBDF2l1416495500_785

択捉島を画像から考える(3
詳細な記事です。要するにシナ、朝鮮半島、日本、アメリカが絡んだ緊迫した現状、核想定で国後択捉、占守島は、軍事基地に最適、要塞化すると。物騒な内容、必見です。
goo.gl/i2L0dsoriginal1200

択捉島を画像から考える(4
現在 Google Earth で北方四島を見ますと、何の情報も得られません。あまりの違いに唖然とします。画像もアップロードすら出来ない、地名も検索不能状態になっています。更に屋根の色まで偽装している。これは、何のための、どこからの圧力でしょうか?
map

択捉島を画像から考える(5
現在の単冠湾(ひとかっぷわん)別の衛星画像で見てみました。真珠湾攻撃のため機動部隊がハワイへ向け出港した場所として知られていますね。左下が海軍の飛行場です。
hito

択捉島を画像から考える(6
現在の単冠湾(ひとかっぷわん)の海軍の飛行場見てみましたが、そのまま使えているって言うのがすごい!さすが日本の施工技術!レベル高いですね。ヘリ7機確認!
hikou

択捉の自然1

2

3

4

5

6

7

8

9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です