北方領土 歯舞群島(はぼまいぐんとう)

habomai

歯舞群島(はぼまいぐんとう)
北海道根室市の東端、納沙布岬の沖合に点在する島である。ロシア名はハボマイ諸島Острова Хабомай) 英語表記は Habomai
「歯舞」の由来は、アイヌ語の ハ・アプ・オマ・イ(流氷が退くと小島がそこにある所)から。

地理
第二次世界大戦前は水晶諸島(すいしょうしょとう)や珸瑤瑁諸島(ごようまいしょとう)、あるいは色丹島まで含めて色丹列島(しこたんれっとう)と呼んでいたこともあった。地質構造的には色丹島とともに根室半島の延長が部分的に陥没したものとされ、地形や植生なども根室半島に似ている。台地状の平坦な島々が多い。いわゆる北方領土の一つであり、いくつかの小さな島からなる。中央に位置する志発島が最も大きい。なお、諸島であるが北方四島のうちの1島として扱われる。歯舞は四島全体の2%の面積を占める。
4tou3

歯舞群島(Острова Хабомайに含まれる島は、北東から水道ごとに挟んでまとめると順に次の通り。

  • 多楽島(たらくとう) Остров Полонского
    • カブ島(カブとう) 珸瑶瑁から約300m
    • カナクソ島(カナクソとう)
    • カブト島(カブトとう)
    • 海馬島(とどじま)
多楽水道
  • 志発島(しぼつとう) Остров Зелёный
志発水道
  • 春苅島(はるかるとう) Острова Демина
  • 勇留島(ゆりとう) Остров Юрий
勇留水道
  • 秋勇留島(あきゆりとう) Остров Анучина
  • 水晶島(すいしょうじま) Остров Танфильева
    • 萌茂尻島(もえもしりとう) Остров Сторожевой
    • オドケ島(オドケとう) Остров Рифовый
    • 貝殻島(かいがらじま) Остров Сигнальный

haboma

国土地理院は、以前「歯舞諸島」と表記していたが、根室市から「北方領土返還要求運動の現場や教育現場で、歯舞群島や歯舞諸島が使われ混乱が生じている」と歯舞群島への地名変更の要望が国土地理院に寄せられたため、国土地理院と海上保安庁海洋情報部で構成する「地名等の統一に関する連絡協議会」において、決定地名の歯舞諸島(はぼまいしょとう)を歯舞群島(はぼまいぐんとう)へ変更した。
habomaiguntou

18世紀末に江戸幕府の蝦夷地調査隊によって比較的に正確な地図が描かれ、岩礁も含む島名が明示されてから、日本国内で存在が広く知られるようになった。当時の記録によれば、歯舞群島は無人島であった。文化4年(1807年)に幕府が東蝦夷地を直轄地としてから色丹島とともに出稼ぎ労働者によるコンブの採取が始まった。定住が始まったのは明治10年(1877年)以後で、函館の広業商会が昆布採取のために貸し出した資金で生産者・漁師などが居住した。その後も島内の産業は昆布や海苔、ホタテ貝の採取を中心とし、タラなどの沖合漁業も行っていた。また勇留島志発島多楽島では約200頭ずつ馬を飼育していたという。明治時代は対岸の珸瑤瑁(ごようまい)村に属していたため、珸瑤瑁諸島と呼ばれていた。大正4年(1915年)、珸瑤瑁村は歯舞村と合併し、歯舞村となった。このため珸瑤瑁諸島は歯舞群島と呼ばれるようになったが、戦後になっても珸瑤瑁諸島と呼ばれることも有った。第二次世界大戦が終わった時の総人口は約4,500名で、漁業人口は95%であった。

多楽島(たらくとう)
多羅久島と表記される場合もある。ロシア名はパロンスキー島 (Остров Полонского)英語表記は Polonskogo
地名の由来は、アイヌ語のトララ・ウク(皮紐を取る島)が「トラク」に変化したことから。かつてアイヌはアザラシの皮を割いて皮紐にしており、本島の北にある「トカリウシ(アザラシが多い所)」が島の名前と関連付けている。
歯舞群島の中で最も北に位置し、最高部でも海抜30メートルであり、地形は平坦である。樹木の植生はほとんどない。
戦前の人口は231世帯、1,457名。良港を有しないことから昆布漁を始めとする海藻採取が中心であった。牛馬の放牧も年中行われていた。江戸時代には「周囲は5里14丁ほどで、平らだが中程は少し高い。柏の小木があるという。海岸は岩がちで、海産物が豊富なためアイヌが小屋を建てて、遅い時期までニシンを採っている」との記録がある。
※衛星画像で撮りましたが、現状道路の痕跡しか残っていません。
1

カブ島(カブとう)
多楽島 東300m 情報無し
※位置関係を明確にするためた多楽島を画像に入れました。
2

カナクソ島(カナクソとう)
多楽島沖合 情報無し
※国土地理院の地図ではカナクソ岩と表記されていた。

カブト島(カブトとう)
多楽島沖合 情報無し
※衛星画像でもはっきり映っていない。

海馬島(かいばじま、とどじま)
多楽島沖合 情報無し
※衛星画像でもはっきり映っていない。
345

志発島(しぼつとう)
同群島の中で最大の面積を有する。
戦前の人口は2,149名。ロシア名ゼリョーヌイ島(Остров Зеленый「緑の島」の意)
納沙布岬に建立された望郷の塔の展望台から水晶島の彼方にその姿を確認することが可能である。近海には、昆布など豊富な水産資源がある。
地名の由来は、アイヌ語のシペ・オッ(鮭・群在する所)から。また、島の北東部と南西部には、鮭が豊漁だったことを意味する名前の河川がある。
江戸時代には無人島で、「島内は中央を除いて樹木はほとんどない。周囲は10里余りで、南東は砂浜、北東は沼がある。」と記録されている。
定住人口はないが、ロシア国境警備隊が西浦泊に常駐している。夏になると昆布採取のためロシア漁民が季節移住し、季節営業の食堂も開かれる。
※ロシア国境軍が常駐している建物は、戦時中の日本の建築物だろうか。
6

春苅島(はるかるとう)
ロシア名
ハルカル島о. Харкар) ハルカルモシリまたは春苅茂尻島(はるかりもしりとう)とも呼ばれ、アイヌ語のハル・カル・コタン(オオウバユリの鱗茎・採取すること・村)または「ハルカルモシリにあるコタン(村)」に由来する。納沙布日誌には「ハルカルモシリ」と記されている(モシリはアイヌ語で「島」を意味する)。 勇留島の東の沖合に位置し、上の島、中の島、下の島から成る。総面積はわずか2平方kmしかない。
江戸時代には、樹木が無いが飲水は有り、アイヌは「夷船」で春苅島へ渡っていたと記されている。また、霧が深く東には岩礁があり、北・西・南の三方は岸が深く、やはり暗礁が多いとも記録されている
明治時代には珸瑶瑁村の一部、後に歯舞村に属し、戦前は中の島に6人住んでいた。
7

勇留島(ゆりとう)
ロシア名ユーリ島Остров Юрий) 英語表記は”Yuri”または”Iurii”
島の名前の由来は、アイヌ語のユウロ(鵜の島)」あるいは「ウリル(鵜の島)から。
勇留水道を挟んで秋勇留島が南にあり、北には志発島がある。地名の由来にもあるように、崖には鵜が生息している。戦前は、北洋、中千島への漁業の根拠地であり、缶詰工場などの加工施設が設けられた。
江戸時代の当初は無人島であった。
明治時代からは珸瑶瑁村の一部となり、後に歯舞村に属した。沖合漁業の拠点基地として栄え、戦前には501人が在住していた。
8

秋勇留島(あきゆりとう)
ロシア名アヌーチナ島Остров Анучина
島の名前の由来は、アイヌ語のアキ・ユリ(勇留の弟)から。
明治時代からは珸瑶瑁村の一部となり、後に歯舞村に属した。
※衛星画像で見ると、中央部に建物が見られる。9

水晶島(すいしょうじま)
ロシア名タンフィーリエフ島(Остров Танфильева
島名の由来は、アイヌ語の「シ・ショウ(大きい・裸岩)」が「シイショウ」に変化したことから。
全体的に平坦な小島であり、納沙布岬から珸瑤瑁水道を隔てて僅か7kmの距離にあり、貝殻島(3.7km)に続き2番目に北海道本島に近い。面積は21平方キロメートルで歯舞群島の中では、志発島につぐ面積を有する。
日本時代、居住者の大半は漁業を営んでおり、コンブ漁が7割以上を占めた。カニ、サケ、マスの水産資源も豊富であり、缶詰加工もなされた。税庫港は天然の良港であり、5、60トン級の船舶が60隻繋留することができた。春には、新潟県、富山県を中心とする道外からの季節労働者も受け入れていた。
江戸時代の当初は無人島であった。明治時代からは珸瑶瑁村の一部となり、後に歯舞村に属した。戦前は931人が在住していた。現在、水晶島に定住民は存在しない。
ロシア国境軍や水産加工会社社員が交代で常駐しており、2010年12月31日には駐在していた水産加工会社社員らが年越しパーティーの最中に23人がメチルアルコールを飲み、中毒を起こし4人が死亡する事件が発生している。2011年2月5日には原因不明の黒煙が立ち上っているのが撮影された。
※現在複数の施設が確認できる。
10

萌茂尻島(もえもしりとう)
ロシア名はストロジェヴォイ島 (Остров Сторожевой)
アイヌ語の「モイ・モ・シリ」(波の静かな島)に由来する。文献では「モヨモシリ」(松前地図)、「モロモシリ」(野付全図)、「モイモシリ」(蝦夷松前図、蝦夷全地)、「モンモシリ」(納紗布誌)、「モイ小島」(殖民状況報文根室国)の表記も見られる。
納沙布岬の東方約6キロメートルに位置する。西北西約3キロメートルには貝殻島が位置している。北方にある水晶島の南端からは約3.5キロメートルの距離がある。
11

オドケ島(オドケとう)
Остров Рифовый
13

貝殻島(かいがらじま)
ロシア名Остров Сигнальный)は、いわゆる北方領土歯舞群島にある低潮高地。低潮時には海面上に有るが高潮時には水没するため、国連海洋法条約で言うところの島ではない。
ロシア語地名は、シグナリヌイ島(Остров Сигнальный=灯台島の意)。
地名の由来は、アイヌ語の「カイ・カ・ラ・イ(波の・上面・低い・もの<岩礁>)」から。
納沙布岬と水晶島を隔てる海峡、珸瑶瑁水道のほぼ中間地点にあり、納沙布岬からの距離は3.7km 島というよりは岩礁。
1937年に日本により建設された貝殻島灯台がある。貝殻島灯台は灯台基部と共に基礎部分の劣化が進み、傾いた姿が納沙布岬から目視で確認できる。灯台はロシアが現在も管理・維持を続けており、消灯と復旧を繰り返している。
戦前からコンブのよく取れる海域とされていた。
1945年 戦後にソ連の占領下となる。この後、マッカーサー・ラインが設定され、日本漁民が自由に出漁できる範囲とできない範囲とが分離された。北方周辺海域では、ラインは納沙布岬と水晶島の中間に引かれたため、戦後3年間は貝殻島周辺は日本の海域となっていた。
1948年12月 GHQは米駆逐艦コワゾール号で再調査した結果として、マッカーサー・ラインを納沙布岬と貝殻島の中間に引きなおした。この結果、貝殻島周辺はソ連の海域となり、漁民は危険を覚悟で操業を続けたため拿捕が相次いだ。マッカーサー・ラインは講和条約発効3日前に廃止されたが、中間ラインと言う事実上の国境として残された。
1957年 ソ連国境警備隊が上陸旧日米安保条約現行安保条約と異なり、日本を防衛する義務をアメリカに課しておらず、米軍は出動しなかった。
12

水晶島と志発島には国境警備のため、国境軍がいます。これは国後、択捉にいるロシア連邦軍とは別組織で、国境警備に特化した組織です。色丹島に軍港があります。
※画像は色丹島にある軍港
KMO_138079_00035_1_t218

武装解除 1945年9月5日~6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です