計吐夷島(けといとう)

ketoi

計吐夷島(けといとう)
千島列島の中部にある島である。ロシア名はケトイ島 (o.Кетой) 英語表記はKetoy
島の名前の由来はアイヌ語の「ケウ・トイ」で「骸骨・悪い」の意とする説がある。正保御国絵図と元禄御国絵図にはそれぞれ「ケトナイ」「けとない」とある。これについては島にある谷を「ケトナイ」(両岸が骸骨のように聳立(しょうりつ)した渓谷)と呼び、それが島の名前に転じたとする説がある。

地理
新知島の北東、新知海峡を挟んで約 20 キロメートルを隔てた、直径約 8 キロメートルの円形の火山島である。島全体が山岳で形成されています。ketoy2

主な山は次の通り。

計吐夷岳(けといだけ) 海抜:1,172 メートルロシア名:ケトイ山 влк Кетой 英名:Ketoy カルデラ湖の西岸にある本島最高峰y1

白烟山(しろけむりやま) 海抜 993 メートル、ロシア名:パラス山 влк Палласа 英名:Pallas 島のちょうど中央部に位置する。y2

島の中央南西寄りには、幅約 1.5 キロメートルのカルデラ湖である計吐夷湖(けといこ)が淡水を湛えている。また、白烟山の直径 550 メートルほどの火口クレーターの中にも、火山に特有な青緑色の水を湛えた火口湖が存在する。噴火を起こした記録があるのは白烟山の方で、その規模が最大なのは1843年~1846年の間に起こしたものであり、最後に噴火したのは1960年である。
y3

海岸は絶壁が続き船を寄せがたく、一部の崖は約 500 メートルの険しさを有しており、南岸にある三並湾(みなみわん)が辛うじて上陸地点となっていた。植生について、本島は千島列島における笹の北限である。
w1

歴史
計吐夷島には古来定住者がなく、羅処和島に住んでいた千島アイヌが冬季に来島して、鷲を捕らえていたという。

1644年(正保元年) 「正保御国絵図」が作成された際、幕命により松前藩が提出した自藩領地図には、「クナシリ」「エトロホ」「ウルフ」など39の島々が描かれていた。正保国絵図

1715年(正徳5年) 松前藩主は幕府に対し、「北海道本島、樺太、千島列島、勘察加」は松前藩領と報告。

1855年(安政元年) 日露和親条約によって、日本とロシアの間で、ロシアの領土であることが一旦は確定された。日露和親条約原文

1875年(明治8年) 樺太・千島交換条約により日本領になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です