松輪島(まつわとう)

matua

松輪島マツワ島、まつわとう)
千島列島の中部に位置する島。ロシア名はマトゥア島 (о. Матуа) 英語表記はMatua島の名前の由来は、アイヌ語の「モト・ア(土着の者だ吾々は)」から。かつて千島アイヌが千島列島を行き来していた中で、本島に土着したアイヌが存在したため。

地理
羅処和島の北北東、羅処和海峡を挟んだ約 30 キロメートルの北緯48度5分30秒東経153度12分に位置する、長さ約 11 キロメートル、幅約 6.5 キロメートル、面積約 52 平方キロメートルのナス形をした火山島である。松輪海峡を挟む北東 18 キロメートルには雷公計島がある。

全島が概ね山岳から成り、北西から次の二つの山が座している。

芙蓉山(ふようざん)別名は松輪富士、海抜 1,496 メートル ロシア名:サリチェフ山 влк.Сарычева 英語表記:Sarychev 千島列島の成層火山では最も美しいとされる。12299241

1760年頃、1878年 – 1879年、1923年、1930年、1946年、1960年、1976年、1981年、1987年、1989年、2009年に噴火したとされる。1946年の11月に起こった噴火は規模が大きく、降下した火山弾やスコリアが山頂火口から東山麓一帯を覆い、植生が完全に破壊され、北西海岸まで火砕流が流下した。
2009年の6月にも大規模な噴火があり、島には広範囲に渡って火砕流が流れ、上空には二酸化硫黄が拡がった。また、この噴火で噴出した噴煙により付近を通る航空路が閉鎖され、北米路線を中心に航空機の大幅な遅延や欠航が相次いだ。seisouken
tungurahua_taschler
噴火直後の様子が、国際宇宙ステーション (ISS) の乗組員によって宇宙から撮影された。1280px-ISS020-E-09048_Sarychev
天蓋山(てんがいさん、同 127 メートル)0_11db45_d25f4468_XL
麓には駐留するロシアのロシア国境軍の建物があり、近くには旧日本軍が使用していた、分厚い壁を持った司令団本部だったとされる建物。※地下が存在する。kuril-islands-weather-24
付近に少し大型の建物と塔が存在する(用途不明)О МАТУА АВГУСТ 2011 184A
対空高射砲が残されている。飛行場を狙って飛来するアメリカ軍偵察機、爆撃機を高射砲六門で迎撃していた。Pushka
日本海軍によって島の南東部に飛行場が建設され、守備隊が置かれた。最大7,000 – 8,000 名の兵が駐屯したという。hikoujyou-800
飛行場近くの爆撃の痕跡bakugeki

海岸は概ね懸崖を成しているが、島の南部は山の裾野が広がり、海辺は浜になっている。また、島の東方約 1 キロメートル余りのところに磐城島(いわきじま、海抜約 70 メートル)があり、その間に介在する水域は「大和湾」と呼ばれ、1,500 トン級の船舶が停泊できる好錨地である。
79614061

気候
1990年代まではロシアの国境軍が駐留しており、NHKラジオ第2放送の気象通報での通報地点の一つだったが、冷戦終結によりロシア国境警備軍が撤退、1996年7月11日を最後に入電が途絶えた。画像は天蓋山山頂のアンテナ(2本あり)と発電機用と思われる燃料ドラム缶。画像手前に建物があるが、気象通報との関連性は不明。b54d1a72a189f8a51d5aa71ba1e8ad44

かつて、気象庁の気象通報では松輪島の天候、気温を発表していたデータの一部。夏季は非常に冷涼である。kion

歴史
かつて、千島アイヌの中には土着する者がいた。

1700年(元禄13年)、元禄国絵図のため松前藩が幕府に呈上した松前島郷帳に、「もとわ」の名が見られる。元禄国絵図

1855年(安政元年) 日露和親条約によって、日本とロシアの間で、ロシアの領土であることが一旦は確定された。日露和親条約原文

1875年(明治8) 樺太・千島交換条約により日本領になる。

2000年代には、日・米・露共同の火山学・津波地質学・人類学の研究者らが何度か上陸している。

戦時中の戦闘

潜水艦へリング最後の哨戒 1944年5月
米 ヘリング (潜水艦) – 第二次世界大戦中の1944年6月、松輪島の日本軍守備隊によって撃沈されたアメリカ海軍の潜水艦USS-Herring-233

5月16日、ヘリングは8回目の哨戒で千島列島方面に向かった。5月21日にミッドウェー島に寄港して燃料を補給後出港。10日後、ヘリングはバーブ (USS Barb, SS-220) と合流するが、その後の消息は不明となり、7月13日付で喪失が宣告された。以下はバーブおよび日本側の記録からおおよそ掴めたヘリング最後の日の出来事である。

5月31日北緯48度28分 東経151度04分の地点でバーブと合流したヘリングは、濃霧の中松輪島の西方150マイルの地点でレーダーを使って輸送船団を発見した。この輸送船団は、松輪島から小樽へ回航する空船で構成された輸送船団であり、海防艦石垣が先導していた。ヘリングはバーブと船団攻撃の手順を打ち合わせた後別れた。ヘリングの方が先に船団を確認したらしく、バーブが船団を確認して攻撃態勢を整えようとした時、遠くで爆雷が炸裂する音が聴取された。魚雷を3本発射した後に浮上すると1人の日本人が漂流しており、救助の上尋問すると石垣の唯一の生存者であることが分かり、このことからヘリングが石垣を撃沈したことが分かった。日本側の記録では11時30分ごろに石垣は雷撃を受け、艦首を亡失した石垣はそのまま爆雷攻撃を実施していたようだが、程なく沈没した。石垣の沈没地点は北緯46度26分 東経151度36分と記録された。バーブも敢然と船団に接近して輸送船を撃沈し、バーブが撃沈していない分、すなわち輸送船北洋丸(栗林商船、1,590 トン)はヘリングが撃沈したことが分かった。船団で生き残った海軍徴傭船岩木丸(大阪商船、3,125 トン)は急遽松輪島の大和湾に引き返した。

6月1日朝7時43分ごろ、ヘリングは大和湾に侵入。魚雷を6本発射して、停泊していた岩木丸の右舷に魚雷を2本命中させて撃沈。同じく停泊していた陸軍船日振丸(山下汽船、4,366 トン)にも魚雷を2本命中させて撃沈した。ヘリングは更なる敵を求めて湾内に深く侵入してきたが、7時56分頃に島の南東端である多岩岬あるいは鵜崎に触礁し、浮上して後進を開始する。これを見た陸上砲台はこの好機を逃さず距離1,200メートルで銃砲撃を開始し、湾内に攻撃目標とならず残っていた陸軍船紅海丸(大阪商船、1,273 トン)も応戦してきた。陸上砲台は12.7センチ高角砲8発、12センチ砲51発、8センチ高角砲63発、各種機銃弾2,986発を発射の上、司令塔に二発命中させた。ヘリングの姿は8時5分頃に、天蓋山の130度3,500メートルの地点で濃霧により見えなくなった。記録には「水泡が5メートル幅の範囲を覆い、重油がおよそ15マイルを覆った」とあるが、「潜航不能トナラシメタルコト確実ト認ムルモ撃沈スルニ至ラズ」とも記された。 しかし、結果的にヘリングは司令塔への命中弾が致命傷となり、その場で沈没したものと考えられている。

沈没地点
USS-Herring-Location

松輪島の自然1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です