牟知列岩(むしるれつがん)

mushiru

牟知列岩(むしるれつがん)
千島列島にある4つの岩礁の総称。ロシア名はロヴシュキ列岩Скалы Ловушки) ロシア語で「罠」の意
岩礁の名前の由来は、アイヌ語の モシリ(島)が「ムシル」に訛ったもの。

地理
千島列島の中部に位置し、北東には捨子古丹島、南西には雷公計島がある。地形は火山島が浸食されてできたもので、現在ではオットセイトドの繁殖地となっている。1280px-Dolgaya_1

4つの岩礁にはアイヌ語が由来の次の呼び名がある。

チロモシル/チリ・オ・モシル(小鳥がそこに群れている島)
カパリショ/カパル・イショ(鰈のようなそれの岩)
トポニイショ/トポ・ネ・イショ(水溜りであるそれの岩)
オチポケ/オチ・ポケ(潮流が先方に突進する。

牟知列岩は千島列島の中でも潮の流れが速い海の難所であり、アイヌ語の地名もそれを表している。

歴史
1644年(正保元年) 「正保御国絵図」が作成された際、幕命により松前藩が提出した自藩領地図には、「クナシリ」「エトロホ」「ウルフ」など39の島々が描かれていた。正保国絵図

1715年(正徳5年) 松前藩主は幕府に対し、「北海道本島、樺太、千島列島、勘察加」は松前藩領と報告。

1855年(安政元年) 日露和親条約によって、日本とロシアの間で、ロシアの領土であることが一旦は確定された。日露和親条約原文

1875年(明治8年) 樺太・千島交換条約により日本領になる。

牟知列岩の自然
1

2

3

4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です