春牟古丹島(はりむこたんとう)

名称未設定 4

春牟古丹島(はりむこたんとう/はるむこたんとう)
千島列島の中部にある島。ロシア名はハリムコタン島 (о. Харимкотан) 英語表記はKharimkotan
島の名前の由来は、アイヌ語の(オオウバユリの多い所)やハル・オマ・コタン(オオウバユリがそこにある村)から。この島の別名は加林古丹(かりんこたん)とも言い、由来は「カ・リン・ム・コタン(村の上を波が這うように流れ下った村)である。

地理
温禰古丹島(おんねこたんとう)の南西、捨子古丹島の北東の、中間やや前者寄りにある、長さ約 13 キロメートル、幅 8 キロメートルの北西方を頂点とした三角形の火山島である。
shima

中央部には海抜 1,157 メートルの成層火山である春牟古丹岳(はりむこたんだけ、ロシア名:セヴェルギナ山 влк.Севергина)が聳えており、有史以来度々爆発、噴火している。噴火は18世紀から確認されており、最後に噴火したのは1933年である。この噴火では山頂が吹き飛ばされ、温禰古丹島幌筵島に火山灰や津波が押し寄せる程の規模であった。また、この噴火で2人の死亡が確認されている。
xxxx

北西部は山岳が低くなっていて数個の沼があり、北隅にある小さな湾の奥は砂浜である。また湾口の東端は丸崎と呼ばれる海抜 150 メートルの高台となっている。この岬の端には平瀬と呼ばれており、養狐番舎が建てられていた。
xxx

島の丘陵部には花が咲いており、高山植物であるイワブクロは海岸から咲いている。

歴史
かつて、アイヌオオウバユリといった食用の野草を採りに訪れており、島の北西には穴居の跡があったという。

1700年(元禄13年)、元禄国絵図のため松前藩が幕府に呈上した松前島郷帳に、「はるたまこたん」の名が見られる。元禄国絵図

1812年(文化2年)9月24日、薩摩の永寿丸漂流民、喜三左衛門ら6名が漂着。そのうち3名は春牟古丹島で病死した。

1855年(安政元年)、日露和親条約によって、日本とロシアの間で、ロシアの領土であることが一旦は確定された。日露和親条約原文

1875年(明治8年)、樺太・千島交換条約により日本領になる。

戦前にはキツネが養殖されていた。

春牟古丹島の自然
1.1

2

3

4

5

6

7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です