磨勘留島(まかんるとう)

Makanrushi

磨勘留島(まかんるとう)
千島列島の中部にある島。
ロシア名はマカンルシ島 (о. Маканруши) 英語表記はMakanrushi
島の名前の由来はアイヌ語からであるが、史料によって名称が多少異なっている。
正保御国絵図では「フカンルヽ」(マの誤記か)、元禄御国絵図では「まかんるゝ」、蝦夷闔境輿地全図では「マカンルラシ」、 千島・樺太交換条約では「マカンルシ」となっている。
これらはアイヌ語で「温禰古丹島の後ろにあって、潮の中に立つ島」の意とする説がある。

地理
千島列島中部の北端、温禰古丹島の北西方、大和水道を挟んだ約26キロメートルに位置する。南北の長さ約10キロメートル、幅が約7キロメートル余り、中央部には三高山(みたかやま) 海抜1,171メートル、ロシア名:マカンルシ山 г.Маканруши 或いはミタカ山 влк.Митака がそびえる。
1881.1331595188

地形は険阻で海岸は険崖となっていて投錨地には恵まれない。停泊の必要がある場合は、島の南部に位置して12 – 33メートルの深さを持つ東湾か、西側に位置する西浦湾の沖合約1.4キロメートルにある深さ36メートルの地点で投錨する。島の西側や南側から岸辺への接近は、水面下に岩礁が続く浅瀬になっているため危険である。上陸は極めて困難だが、一部の地点で可能である。淡水は比較的に豊富で、東湾に注ぐ川の他、いくつかの小河川が見られる。
остров-маканруши

磨勘留島の西方、約20キロメートルにアボス(海面からの高さはおよそ35メートル、ロシア名:アヴォシ岩 скала Авось)と呼ばれる三角形の裸岩がある。遠くから眺めるとまるで船が浮んでいるように見えることから、一名を帆掛岩(ほかけいわ) 千島アイヌはハイノコと言うことがあり、アシカや海鳥の繁殖地となっている。
skali_avos

歴史
1700年(元禄13年)、元禄国絵図のため松前藩が幕府に呈上した松前島郷帳に、「まかんるゝ」の名が見られる。
元禄国絵図

1855年(安政元年)、日露和親条約によって、日本とロシアの間で、ロシアの領土であることが一旦は確定された。
日露和親条約原文

1875年(明治8年)、樺太・千島交換条約により日本領になる。

磨勘留島の自然
avos

66_big

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です